ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラ川崎店にVAIO Pro11(バイオプロ11)を買いに行ったら、何故かSurface Pro2(サーフェスプロ2)を買っちゃたんですよね(汗

何やってるんだろう、俺・・・

スポンサーリンク

快適に持ち歩けそうなモバイルノートPCが欲しい!

「持ち歩きができるモバイルノートPCが欲しい…」

そう思った理由は、ブログの更新などをiPadを使ってしていたのですが、やはり出来ることと出来ないことがあるわけで…

結局、いろいろと作業が必要な時はノートPCとアダプター、マウスなどをカバン型の保護ケースに入れて持ち歩く日が増えてきてたんですよね。

そもそもがデスクトップPCが逝っちゃった時にメイン機にするのを目的に購入したノートPCなので、とーっても重いんです。

その重さと言ったら「これは何かの罰ゲームに違いない」と思わなければやってられないレベル↓

それに、普通のカバンの他にノートPC用の鞄をもう一個持ち歩くのってスタイリッシュじゃないじゃないですか!?

スタイリッシュじゃない…←もはや言って見たいだけ(笑

そこで目をつけたのがVAIO Pro11だった

そんなこんなで、もんもんとした日々を過ごしていたら、な・なんとSONYからVAIO Pro11という神モバイルノートが出ていたじゃないですか!?

ソニー SVP11218CJBI VAIO Pro11 ブラック
by カエレバ

このVAIO Pro11がどのくらいの神っぷりかといえば、MBAを使ってスタバでドヤ顔している連中と唯一対抗できるという…(笑

まぁ、それは冗談だとしても「スゲー理想に近い。但し、金額を除けば…」と言っても過言ではないほど限りなく理想の近いモバイルノートさんなのです!

VAIO Pro11は私の条件をほぼ満たしているスペックだった。

私は、今回モバイルノートPCを購入するにあたり、以下の条件を出来るだけ満たすものにしようと決めていました。

その条件とは、

  1. 出来るだけ軽い
  2. 出来るだけバッテリーが長時間持つ
  3. 出来るだけ新世代のCPUを使っている
  4. 出来ればHDではなくSSD
  5. 出来るだけ画質がいい
  6. そして、出来るだけスタイリッシュで、スタバでドヤ顔が出来る(冗談)

「出来るだけが多すぎねーか?」という声が聞こえてきそうですが、最近のモバイルノートPCは、「お高いんでしょう!?」という期待を裏切らない高価格帯のものが多いので、妥協は出来ません。

そして、毎日のようにネット上をさまよい、仕事の合間や帰りに家電量販店によって見つけ出したのが神モバイルノートであるVAIO Pro11なのです。

ちなみに主なスペックはと言えば、(タッチパネルなしver)

  • OS:Windows 8 64ビット
  • CPU:インテル Core i5-4200U プロセッサー (1.60 GHz)
  • タッチパネル:搭載
  • ディスプレイ:11.6型ワイド(16:9)、解像度:1920×1080ドット、トリルミナスディスプレイ、(Full HD 1080)
  • メモリ:4G
  • HDD/SSD:SSD128G
  • 重さ:約770g
  • バッテリー駆動時間:11時間(オプション外付けバッテリー装着時は23時間

【スペックはソニーストアのサイトより】

「すげーよ、すげーよ、ソニー神!」って叫んじゃうくらい私の条件を満たしているモバイルノートPCなのですよ!

ちなみに、本体は強度のつよいカーボン製であのレクサスでも使用されているらしい(ヨドバシカメラ新宿店の店員談)

そりゃあ、スタイリッシュなわけだ(笑

VAIO pro11型落ちが値下がりで購入を決意!

「これは、俺のために用意してくれた理想の神モバイルノートだ!」とスタバでドヤ顔している自分の姿を想像しているうちに、購入意欲が日に日に抑えられなくなってきました。

しかーし、唯一の悩ましい点と言えば価格です。
私は、例年通りに新モデルが登場して旧モデルの価格が安くなるのを待ちました。

そして、1月28日(火)ついにVAIO Pro11の春モデルが発売開始!
しかもマイナーチェンジの為、「新モデルにするかどうか!?」という迷いもありません。

私は財布を握りしめヨドバシカメラ川崎店へ向かったのでした。

VAIO pro11を買いに行ったら

買い物へ出かける人

はい、すみません。長い長い前置きも終わり、ヨドバシカメラにVAIO Pro11を買いに行って、何故かSurface Pro 2を買っちゃった本題に入ります。

VAIO pro11の値引き交渉をしていたら現れた塚地似の店員

私が行ったのは、川崎駅。

前日にネットで調べたところ、ヨドバシカメラには京急川崎店(アウトレット店)以外には在庫が無いと載っていたので、まずはラゾーナの中にあるビッグカメラへ行きました。

まぁ、平日というのもあったのかもしれませんが、VAIO Proの前で明らかに購入意欲満々の私に対して、全く店員が声をかけてこないので「なんの放置プレーだよ」って思いました。

待ちきれなかった私が自分から店員に声をかけると、信じられない対応をされます。

店員:「お客様、在庫があれば今日お買い上げになられますか!?」

「この店員、買う気がない奴には説明しないってスタンスなのか!?」とイラッとしながらも、「はい、買う気が無ければ在庫のあり無しなんて聞きませんよ」というと店員は「はいはい」といった表情でバックヤードへ。

「ヨドバシに在庫があれば、そもそもビッグカメラに来てないわ!」と思いながら待っていると、5分後ぐらいでしょうか。とんでもない回答が返ってきました。

店員:「在庫は今ございません」

「在庫があったら買いますかっていう前に、在庫あるか確認しとけ!」

ちょっとだけ、ムッとしてビッグカメラを後にした私ですが、同時にちょっとテンションが下がっていました。そうです、理由は前日の夜の段階で京急川崎店を除いては在庫がないと出ていたからです。

ちなみにヨドバシカメラ京急川崎店は、アウトレット店で「店頭に置いてあった展示品を店頭価格の15%引き」位で売っているお店なのですが、お店がやっている間中電源つけっぱなしにしてあることを考えると、通電製品のPCの中古はかなり心配です。

ですので、駄目もとで川崎駅東口にあるヨドバシカメラ川崎店に行くと、な、なんと在庫がありました!

しかも、価格が129800円(2014年1月31日現在)

春モデルが出る前と比較すると、数万円値下がりしています。10%のポイント還元で12980円が戻りますので、実際には116820円。

安くなったとはいえ、まだまだ高いお買い物なので、値引き交渉をしましたが、結論から言えば1円の値引きも出来ませんでした。あと、マウスやセキュリティーソフトをサービスしてほしいというのもダメ。

そうそう、ちょっと信じられなかったのですが、VAIO proには、卒付けのオプションバッテリーがあるのですが、その購入も考えていたので店員に聞くと、「9万8千円です!」って言うんですよ。(これホント)

私が「ネットでみたら、確か9800円位でしたよ」って言うと、それでも「9万8千円です」というので呆れていると、バックヤードの確認しに行き戻ってきてやっと「9800円です」と言う始末。

思わず「店員さん、9万8千円はありえないでしょ!?」というと、「桁を間違えました」と真顔。本体が129800円なのに、外付けバッテリーが9万8千円のわけないのは小学生だってわかりますよ。

「この店員じゃダメだ・・・」と心の中に寒い風が吹き荒れているところへ現れたのが、お笑いコンビドランクドラゴンの塚地似の店員だったのです。

そして、この店員の登場がきっかけで、自分でも予想だにしない結果へと導かれるのでした。

やるじゃん、塚地さん!

私と店員の微妙な空気を感じ取ったのでしょうか、どこからともなくドランクドラゴンの塚地さん似の店員が割って入ってきました。

その店員は、SONYと書かれたジャンパーを着ていて、何を聞いても0.1秒くらいで説得力のある回答が返ってくるので、私は99%VAIO Pro11を購入する気でしたが、「安い買い物じゃないし、最後にこの店員にもう一度心配な点を聞いておこう」と質問しまくりました。

その中で、私の予想外だったのが「液晶パネルの割れ」には細心の注意が必要だという事です。

傷つい液晶画面

私が、「持ち歩きが出来る軽くて性能のいいモバイルPCを探している」という事を伝えると、その店員さんはこのように言ってきました。

(ここから先は、ヨドバシカメラの店員さんが言っていたことです)

「確かにVAIO Proは軽くていいですが、今お客様がお持ちのような鞄に裸でポンッといれるのはNGです。液晶を守る為に衝撃吸収タイプのカバーにいれるか、鞄とは別にケース型の画板を持つかしてください」というのです。

やはりどんなに固いとは言ってもカーボン製ですので撓みます。特に天板は薄く出来ているので、カーボン自体よりも液晶がやられちゃうというのです。

そして、「お客様の話を聞く限り、こちらのSurface Pro 2の方がいいかもしれませんよ」って、SONYの店員さんがVAIOを欲しがっているお客さんに他メーカーの商品を勧めてきたんです!

これには驚きましたが、「こういう店員さんの話は信用できる」と思ったので、話を聞くことにしました。

Surface Pro 2て予想以上にいいじゃん!

私の中で「Surface」というと、ちょっと前にカラフルなキーボードを持った外人が「キーボードダンス」をしているCMを思い出すのと、windowsが出している端末だということ。

マイクロソフト Surface Pro 2 128GB 単体モデル [Windowsタブレット・Office付き] 6NX-00001 (チタン)
by カエレバ

正直、今回のモバイルノート探しで一度も候補に上がっていなかた機種です。(VAIO proと比較検討していたのは、LaVie Zだったので)

まず、最初に目についたのは価格の安さ。
その日の店頭価格で99800円、もちろんofficeはインストールされていての価格です。

最初は、「そりゃあ、この価格で性能が良ければそれに越したことはないよ・・・」位の感覚で店員さんの話を聞いていたのですが、聞けば聞くほどVAIO Pro11に引けを取らない性能なんです。

ちなみにスペックはこちら

  • OS:Windows 8.1 Pro
  • CPU:インテル Core i5-4200U (1.6GHz-2.6GHz、2コア4スレ)
  • タッチパネル:搭載
  • ディスプレイ:10.6インチ、解像度:1920×1080ドット、フルHD
  • メモリ:4G
  • HDD/SSD:SSD128G
  • 重さ:約1.13kg(キーボードも合わせて)
  • バッテリー駆動時間:非公開(初代モデルから75%アップ)

【engadgetより】

上記の通り、ほとんど遜色はありません。
敢えて違いを言えば、Surface Pro 2の方が、「画面が若干小さい」「約360g重い」「バッテリーの稼働時間が短い」のとデザイン。

VAIO pro11は「ノートPCタイプ」、Surface Pro 2は「タブレットタイプ」なので、全然違います。

しかし、店員さんの話を聞けば聞くほど、私はひとつの結論に辿り着きます。

「堅牢性に優れているほうがいい」

というのは、私はiPad2を長い事愛用しているのですが、鞄の中にポンッと入れて気軽に持ち歩ける安心感は何物にも代えがたいなと。

確かにVAIO pro11は軽いけど、本体の保護を考えるとケースが必要となると、ケースの重みの分だけ重くなります。それに、360gの違いなら我慢出来る範囲ですしね。

あ、そうそう。私がもひとつSurface Pro 2がいいと思った理由は、128G、256G、512G共に売れまくっていて常に在庫が無い状況らしいんですね。

やっぱり、スペックが対して変わらないし、windowsソフトとの相性抜群という事で使いやすいんだろうと思ったんです。

そして、私は「VAIOは過去に使った事もあるし、今回はSurfaceにしよう」と、予約したのです!!

ちなみに、MBA Airには全く興味がありません。

そんなにスタバでドヤ顔したいわけじゃないですからね(笑

長くなりましたが、VAIO Pro11とSurface Pro 2のどちらの購入を検討している人の役にたつかなって思って書きました。

ネットの情報も重要ですが、詳しい店員さんの話ってとっても参考になりますね。

塚地さんありがとう!

Surface Pro 2が届いたらブログで報告しますね!

マイクロソフト Surface Pro 2 128GB 単体モデル [Windowsタブレット・Office付き] 6NX-00001 (チタン)
by カエレバ
スポンサーリンク
おすすめの記事