「成人ぜん息医療費助成制度」ですが、2年に一度更新が必要なんです。
そして、ちょっとした注意点が必要なので、更新について情報提供したいと思います。

ads/2014/08/skitch5.jpg">skitch5

そういえばこの医療証をつくったときは、無くなったおふくろが生きてたんだよな。
あれから、2年が経ったのか…

スポンサーリンク

成人ぜん息医療助成制度の更新

まず、安心してほしいのは、この医療証を持っている人のもとには、更新時期が近づいてくると以下のような通知が届きます。

成人ぜん息医療助成制度更新のお知らせ

ですから、うっかり忘れてしまうということはありません。

しかし、そうかといって油断は禁物です。

というのは、万が一更新を忘れてしまった場合は、レントゲン検査やアレルゲン検査のやり直しということになり、時間と費用の負担が増えてしまうことになるからです。

また、その他にも知っておいた方がいいことがあるので、以下にまとめますね。

必要書類と注意点

医療証の更新には4つ必要なものがあり、注意点が必要なものがあります。

成人ぜん息患者医療費助成申請書

なんだこの長い名前の書類は…
こう思ったので、区役所に問い合わせてみたところ、「区役所にあるので更新手続きで来たときにその場で記入してください」とのこと。

ちなみに、記入した書類の控えをもらえました。(以下の画像)

成人ぜん息患者医療費助成申請書

そんなに書くところもありませんし、5分もあれば書き終えることができました。

成人ぜん息患者医療費助成主治医診断報告書

簡単に言えば、お医者さんが書いてくれる診断書です。
ぜん息で今も継続的に病院で治療している証拠を持って来いということなんでしょう。

ちなみに、約2000円もします。
(まぁ、診断料や薬代が1割負担になるのでしょうがないですね)

ただ、問題なのが「診断書書いてください」って言ってすぐにもらえるわけではないということ!
私が通院している病院では2週間かかりました!

更新ギリギリで慌てて病院に診断書を持っていっても間に合わないということになりますのでご注意を。

医療証

今使っている更新前の医療証のことです。

skitch5

ちなみに新しい医療証は2ヶ月半後に郵送で届くといわれました。(7月30日に更新に行ったので、届くのは9月の半ば過ぎ)

そして面倒くさいのが、今の医療証の期限が切れて新しい医療証が届くまでの間(今の医療証は8月末が期限なので、9月1日から新しい医療証が来るまで)に病院へ行った場合です。

なんと、いったん3割負担で支払いをして、役所に払い戻しの手続きに行かなくてはならないらしいんです(汗
これは面倒くさい。でも、他に方法はありません。

健康保険証・高齢者受給者証など

これは説明はいりませんね。

私の場合は、川崎市の多摩区ですので、多摩区役所の9Fにある保険医療事務課にいって更新の手続きをしました。
所要時間にして5分。あっという間に終わります。

ぜん息とは長いお付き合いになる場合が多いので、更新は忘れずにしましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事