昭和記念公園「サイクルセンター」

本日は前回に引き続き昭和記念公園「フラワーフェスティバル2104」のレビュー第二弾をお送りします!

スポンサーリンク

昭和記念公園の料金や設備など

さて、あけぼの口から約10分ほど歩くと、公園入口のゲートに到着しました。

昭和記念公園に言ったことが無い方は知らないかもしれませんが、この公園は無料ゾーンと有料ゾーンに分かれており、イベントなどは有料ゾーンで行われています。

料金表は以下の通り。

昭和記念公園「料金表」

なるほど、大人料金は410円か… でも、管理するのに膨大なお金がかかると思うのでしょうがないですよね。ちなみに子供(小・中学生)は80円、シルバー(65才以上)料金は210円です。尚、65才以上ということが確認出来るものが必要ですのでお気をつけて。

【参考】国営昭和記念公園 料金案内

ここで開園時間にも一応触れておきますね。
3月1日~10月31日までは、9:30~17:00、11月1日~2月末日までは、9:30~16:30。4月1日~9月30日までの土日・祝日は9:30~18:00までです。尚、休演日は年末年始(12月31日と1月1日)、2月の第4月曜日とその翌日ですのでお気をつけて。

ところで、料金表の横にこんなことが書いてありました。

昭和記念公園「説明書き」

広いとは思っていましたが、180ha(東京ドーム39個分)の広さには驚きました!とても歩いて回れる広さではありませんね。ちなみに、この広大な敷地内に「昭和天皇記念館」「サイクルセンター」「ドッグラン」「レストラン」「ボート」「子供の森(子供が遊べる遊具のあるエリア)」「日本庭園」「バーベキューエリア」etc 公園にありそうなものはほとんど揃っていると思って間違いなさそうです。

【参考】国営昭和記念公園 レストラン・売店・施設マップ

昭和記念公園でレンタサイクルを借りた!

私は入り口の看板を見たとたんに戦意喪失。「運動のために歩こうかな」という考えを改め、レンタサイクルを使うことにしました。(まぁ、自転車もいい運動になりますしね)

レンタサイクルの場所は非常にわかりやすく、立川口ゲートを入ってすぐの左側にありました。

昭和記念公園「サイクルセンター」

当然でありますが、自転車を借りるのにはお金がかかります。「3時間で410円」と写真には写っていませんが、「一日で540円」という料金です。(大人料金の場合)さっきの入園料と合わせると950円!公園にしてはお金がかかる方かもしれませんね。4人家族で全員自転車を借りたりすると、そこそこの金額になります。

さて、借りられる自転車ですが、これは予想よりも沢山の種類が用意されていました。

凄い数の自転車ですね。

凄い数の自転車

自転車もいろいろな種類が用意されていて、子供用のかわいい自転車、子供が乗せられる椅子がついているお母さん用の自転車、普通のママチャリまでいろいろあります。写真にはありませんが、2人漕ぎの自転車に乗っている人がいて楽しそうでした。

子供用自転車
※ カワイイ色の子供用自転車

幼児用の椅子付きの自転車
※ 小さい子供が乗せられるママチャリ

普通のママチャリ
※ 私がレンタルした普通のママチャリ

自転車を借りて、ペダルを踏み込んだとときに驚いたことがあります。

か・軽い!!!!!

そうです、このママチャリには3段ギアが付いていました(驚
これで少々の上り坂も大丈夫ですね。

私は地図を見てどうやって園内を回ろうか考えましたが、「とりあえず面倒くさいから、1周してみよう!」ということで、反時計回りに進むことにしました。

ちなみに、園内はどこでも自転車で走れるわけではなく、サイクリングロード上のみ走行可能です。

サイクリングロード

この昭和記念公園内のサイクリングロードは、右回りと左回りで一方通行になっているというのも快適で良かったです。
(この日は天気がいいので爽快でした!)

今日はここまで。
次回はいよいよ園内のフラワーフェスティバルの様子をレビューします!
(沢山綺麗な花を撮影してきましたのでお楽しみに!)

スポンサーリンク
おすすめの記事