hand-65690_640

最近、SEOに関係するニュースやブログで気になるものが多いのでまとめてみます。

まずは、こちらの記事から。

参考記事:Googleの最新アルゴリズム「ハミングバード」徹底解剖

どのような経緯かは知りませんが、どこからかこの記事に辿り着くくらいですから、SEOの事はある程度以上知っている!?かたが読んでいるのではないでしょうか?

 

つい最近、購読している、とある「マメボーwさん」(とあるじゃないですね)のメルマガで、「ハミングバード」というアップデートがあった事を知りました。(マメボーwさん情報はやっ)

 

「ペンギンアップデート」や「パンダアップデート」は、怪しい被リンクや質の薄いサイトが対象でしたが、今回のハミングバードは、Google先生のアルゴリズムの根本的な変更というか進化のようです。

以下引用。

ハミングバードは、ワードの裏側にある意味に巧みに着目すると言われている。このアルゴリズムは、ユーザーがグーグルと場所の情報を共有している場合、家の実際の位置を特定し、「場所」が現実の店を意味していることを理解し、さらに、「iPhone 5s」が、特定の店で販売されている特定の電子機器である点を把握することが出来るようだ。このような意味を理解すると、グーグルが、ワードのマッチング以上の取り組みにステップアップする上でプラスに働く可能性がある。

【SEO JAPANより】

 

これ、凄くないですか!?

Google先生!俺、一生ついて行きます〜w

 

ワードの裏側にある意味まで読み取れるとなると、もう「知能」って感じですよね。(あ〜、恐ろしや〜)

でも、この方向でどんどんGoogle先生のアルゴリズムが進化し続けると、今まで不動の上位表示されていたサイトであっても安泰ではありませんよね。

 

Google全体がユーザーのQ(質問・疑問)に対するA(答え)を表示することを目指すのであれば、A(答え)があるサイトでなければ用がないわけで。

中途半端に記事が書いてあって、アフィリリンクを踏ませるような作りのサイトはみんな消えちゃう可能性もあるかもしれません。

 

 

次に、この記事。

参考記事:【NotProvided時代到来】Googleからキーワード情報が取れないと困ること、そして必要な割り切り

【WEB戦略】

 

この記事によると、今後「(not Provided)」が増え続け、最終的にはGoogleアナリティクスを使ったとしても、サイトやブログに訪問してきた人がどんなワードで、何人なのかのデータが取れなくなるらしいです。

Google先生の本気度が伺えますね。

 

今まで散々キーワードありきでSEO業者やアフィリエイターがサイトやブログを量産していて、流石のGoogle先生でも目を光らせるにも限界だったんでしょうね。

「だったら、いっそのことキーワード情報を見れなくしちゃえ」

こんな感じなんじゃないでしょうか。(先生、間違っていたらごめんなさい)

 

というのは、今だにこんなことをしているSEO業者いるからですよ。

 

 

参考記事: Target="_blank">SEO業者がNEVERまとめを作っている件について

【SEO日記 一喜一憂(仮題)より】

 

まぁ、すでにNEVERまとめの運営会社がSEO目的のサイトをビシバシやっつけているようですが、やっぱりどう考えても、内容の薄〜いまとめが増えたらユーザーは離れて行くでしょうからね。

 

でも、ひとつ疑問があるんですよ。

現在、上位表示しているサイトって、多かれ少なかれ、自作自演で被リンクをつけたり、SEO業者に依頼して被リンクを買っているサイトやブログが多いのではないでしょうか??(てか、ほとんどがそうじゃないの?)

 

そう考えると、ほとんどのサイトが何らかのペナルティを受けて「さようならー」ってなるんでようかね。

そうなると、戦々恐々としているサイトやブログ運営者って多いだろうなぁ。

 

あと、私も少ないですがブログやサイトを運営しています。

「ペンギンだ!パンダだ!!」などと言われていますし、超ホワイトハットSEOでブログなどを運営していますが、ぶっちゃけ被リンクなんてつきませんよ。(被リンクが付きづらいジャンルであることは間違いありませんが…)

 

一日、1000pv(まだまだ少ないですが)のブログとかでも被リンクはポツポツしか付きませんし、ページランクなんてゼロのまんま。

こうなると、やはり資金がある企業が沢山の人員を使って、作り込んだサイトやブログに個人では太刀打ち出来ないということなのでしょうか?

 

なんか、それもつまらないですよね。

 

ネットビジネスが発展して、一個人がビジネスをしやすい環境になったのに、結局、資金のある企業などが有利になるのは残念です。

まぁ、今のご時世はソーシャルメディアなどもありますが、ネットビジネスに与える影響ってやっぱり検索エンジンは大きいですからね。

 

でも、言ってもはじまりませんから、私は今後も超ホワイトハットでサイトやブログ運営を続けます。(ヤフカテやディレクトリ登録もしないで!)

 

こうなったら意地だ(笑

以上、MASARUでした!

スポンサーリンク
おすすめの記事