タイトルタグ

ブログやサイトアフィリエイトをしている人にとって「キーワード設定」は最重要ポイントですよね!

しかし、メタキーワード設定に意味がなくなっていることをあなたはご存知でしょうか?

まずは以下の記事を読んでみてください。

参考記事:http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/10/09/6668

 

この記事にはこうあります。

以下、引用

グーグルは"meta keywords"タグを完全に無視することを、先々週お伝えした。そして先週、ヤフーは、"meta keywords"タグを(少なくとも稀なキーワードに対しては)考慮しているようにみえることをお伝えした。ところがヤフーも、順位決定には"meta keywords"タグを利用するのを、2~3か月前にストップしたことを、米ニューヨークで開催されたイベントSMX(Search Engine Expo) Eastで、ヤフーの代表が明らかにした。"meta keywords"タグにキーワードを入れても、ヤフーの上位表示には効果がないということになる。

ね!GoogleもYahoo!も公式にメタキーワードが上位表示に効果がないと公式に発表しています!

 

スポンサーリンク

キーワードの重要性が変わったわけではないが‥

まぁ、メタキーワードの存在を知っているくらいの人であれば、今更説明するひつようもないかもしれませんが、念のため。

 

メタキーワードの設定が上位表示と関係なくなったからといって、キーワード設定の重要性が変わったわけではありません。

タイトルタグにキーワードを入れるのは、今も有効な方法ですし、ブログやサイトの文章をキーワードを意識して盛り込むのと盛り込まないのでは、当然盛り込んだ方が上位表示には有利に働きます。

 

ただ、検索エンジンはどんどん賢くなっていますので、こういった傾向は今後も進むんでしょうね。

「ユーザーに有益なサイトを上位表示させる」のが検索エンジンのブレることのないコンセプトですから、これから先、メタキーワードだけでなく、小手先のSEO的なものはどんどんと排除されていくんだろうと予測できます。

 

でも、よく考えたらこの傾向って歓迎すべきこと

検索エンジンのユーザーにとって、「自分にとって有益なサイトが上位表示される」というのは、当然歓迎ですよね。

でも、これってサイトやブログの運営者にとってもいいことじゃないですか!?

 

というのは、サイトやブログ運営はただでさえ「作業」する事が多いわけで、メタキーワードの設定だって、あるのと無いのとでは、手間が大違いですよね!

ですから、こういった小手先のSEOがどんどんと無くなっていけば、本来の「コンテンツ作り」に自然と時間を使うようになっていくと思うんですよね。

 

この変化に今から備えよう!

私自身、複数のサイトやブログを運営していますが、かなり前から小手先のSEO対策は全く行っていません。

もちろん、被リンクの獲得など、今現在も上位表示に有効と思われるSEO対策は沢山ありますので、そういった対策をしないというのはもどかしい気持ちもあります。

 

しかし、ペンギンアップデート、パンダアップデートなど、これだけ検索エンジン(Google)の方針がはっきりしている以上、グレーなことをしたら、近い将来、ペナルティの網にかかることは目に見えています。

せっかく愛情込めて作ったコンテンツが、圏外へ飛ばされて戻ってこなくなったりしたら目も当てられませんよね。

 

被リンク獲得の為にSEO業者に依頼したり、ツールを購入したりすれば、決して安くない費用がかかるわけで。

「小手先のSEO」をやめてしまえば、怪しい情報商材や一見魅力的なツールなどの情報に惑わされる事もありません。

 

私は、検索エンジンを信じて、超ホワイトハット対策で今後はサイトやブログを運営し続けます!

 

以上、MASARUでした!

スポンサーリンク
おすすめの記事