slooProImg_20131224100610.jpg

SEO対策検索上位サイトの法則52というSE対策の本を購入したら、なかなかの良書でした。

購入した本はこちら

この赤い表紙にSEOという文字が目印
SEO対策検索上位サイトの法則52

私は自称SEOマニアを公言したいくらいネットや本でSEO関連の情報を収集していますので、SEO関連の本は迷わず購入します。

そうすると、大抵は下記のどれかの種類に入ります。

・誰でも知っているSEO情報だらけの本
・抽象的な内容ばかりで、実践で役に立たない本
・「大丈夫かよ」という古いSEO(ペナルティになるようなこと)が書かれている本
・著者のブランド化や顧客の囲い込み(本を買わせた後にセミナーなどに誘導する)が見え見えの本
・具体的でわかりやすい上位表示対策について書かれている本

今回購入した「"SEO対策検索上位サイトの法則52」は、一番最後の具体的でわかりやすい上位表示について書いてある本でした!

 

また、とてもいいなと感じたのは、本を開くと「はじめに」というところにこんな事が書いてあります。

「具体的な対策がちゃんと書いてある」

「クレーゾーン・ブラックのSEO対策についても書いてある」

「Google対策は両面から押さえる」

※ SEO対策検索上位サイトの法則52より

 

まず、具体的な内容に関してですが、「サーバーなら○○がいい」とか「ワードプレスのテンプレートなら○○がお勧め」というように、何がいいか具体的に書かれています。私が見たところ、ブロガーやアフィリエイターに評判がいいものが選ばれていました。

次に、グレーゾーン・ブラックのSEO対策についてです。
実はこれは非常に重要で、最近のGoogleはアルゴリズムを頻繁に変更しており、昔はSEO対策でOKだったものが、今ではペナルティになってしまうものもかなりあります。
私は、超ホワイトですので、グレーゾーンやブラックのSEOは全くやる気はありませんが、「何がグレーかブラックか!?」を知っておかなければ、間違いを犯すかもしれません。
まぁ、そういうところも正直に書いてあるところは好感が持てます。

そして最後が、Googleは両面から押さえるですが、どういう意味かといえば、「Googleの意表を突く、攻めのSEO対策」をと「Googleの理念を順守する、守りのSEO対策」の両面を知ることができます。ということのようです。

また、本の内容をコピペ出来るサイトが用意されており、読者が作業する時の事まで考えられているところが素晴らしいですね。

 

内容としては、ベテランのブロガーやアフィリエイターの方は知っている事が多い「初心者向け」ではないでしょうか。

私は、超ホワイトというか、SEO対策を出来るだけしないのが、これからのSEO対策だと思っていますので(あくまでコンテンツ勝負)、この本は今現在、何が良くて何が悪いのか、何が効果があって、何が効果が無いのかを再確認する事が出来て良かったと思っています。

 

あ〜、今日も頑張ろうっと!

SEO対策 検索上位サイトの法則52

SEO対策 検索上位サイトの法則52

  • 作者:河井 大志
  • 出版社:ソーテック社
  • 発売日: 2013-12-19
スポンサーリンク
おすすめの記事