ガソリンスタンド

レギュラーガソリンが、ハイオクかと思う程ガソリンの価格が高騰していますよね!

今日は燃費のいい車を購入する以外でガソリンを節約する方法をまとめてみます。

スポンサーリンク

【ガソリンの代を節約する方法あれこれ】

•ガソリンスタンドは絶対にセルフサービスにする

今はセルフじゃないスタンドの方が少なくなりましたが、それでもスタッフが給油をしてくれるスタンドというのは存在します。

当然、親切でやってくれているわけではなく、そういったサービスには人件費がかかっていて、ガソリン価格に乗っけられています

ガソリンが切れそうになると、慌てて近くのガソリンスタンドへ駆け込むしかなくなりますので、普段から余裕を持って給油する習慣をつけましょう!

 

•満タンにしない

余裕をもって給油をする習慣はたいせつですが、だからといって満タンにするのは節約という面ではまいなすです。

乗用車のガソリンタンクは、30〜50ℓの事が多いので、満タンにすると、子供一人分位の重さになります。

当然、重量が軽い方が燃費はいいので、可能であれば出来るだけ少しずつ給油をすると節約になります。

 

•安い店で給油する

給油するスタンドは、「家の近く」とか「いつもの通り道にあるから」といった理由が上位をしめます。

しかし、ガソリンの価格はスタンド毎に違いますので、出来るだけ価格の安いスタンドを選ぶと節約になります。

比較サイトがありますので、参考にしてみてください

ガソリン価格比較サイト

 

•ライバル店が多い幹線道路沿いの大型店を利用する

観光地や高速道路のガソリンスタンド、都内でもスタンドがあまりない地域は、驚くほど価格が高い事が多いので、出来るだけ、ライバル店の多い幹線道路沿いのお客さんの多い大型店で給油しよう!

やはり、ガソリンも需要と供給のバランスで価格が変わりますので。

 

•メンバーズカードを作る

ご存知の通り、ガソリンカードを作ると、だいたいリッター2〜3円ガソリン代が安くなる

車の利用がおおく、ガソリン代がかかる場合は使う価値大です。

 

•まだまだある盲点の節約方法

まず、空気圧を常に高めにしておくという方法。

乗りごこちを気にする人もいるかもしれないが、よほど敏感な人でない限り、そんなにわかるものではありません。

 

あとは、高速道路を走る際には、大型車の後ろを走ると空気抵抗が少ないので燃費が良くなります。

しかし、真後ろを走り続けるのは危険なので、あまりお勧めは出来ません。

 

私も車が好きなので、ガソリン代の節約頑張ります!

 

以上、MASARUでした!

スポンサーリンク
おすすめの記事