電気

原発が止まってからというもの、今後も値上げの可能性があるのが電気代です。

消費税も多分上がるでしょうし、少しでも電気代を節約しましょう。

スポンサーリンク

電気代の支払いは絶対に口座振替に!

まさか、あなたは電気代の支払いをコンビニでしていませんよね?

実はこれだけで年間630円も損している事になります

 

口座振替割引サービスのページ:http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/basic/payment/payment03-j.html

 

ね!本当でしょ!?

生きている限り電気を使い続けるのですから、こういうちょっとした無駄も無くしましょう!

 

 

アンペア数の変更

あなたの家のアンペア数はいくつですか?

もし、把握していないのであれば、一度確認して見ることをお勧めします。

 

というのは、月々の基本料金はアンペア数によって違いますので、アンペア数を下げれば、基本料金が下がる事になります。

 

アンペア数の選び方のページ:http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/basic/ampere/ampere01-j.html

 

注意点としては、あまりアンペア数を下げすぎると、電化製品を同時に使うとブレーカーが落ちるようになってしまう可能性があること、地域によっては、アンペア数を下げられないところがあること、一度アンペア数を下げると1年間は変更が出来ない事などがあげられます。

 

しかし、例えば、40Aを30Aに下げた場合、毎月の基本料金が250円〜300円も安くなりますので、年間最大3600円の電気代節約になります!

一度、家の電化製品の消費電力を調べて見ることをお勧めします。

 

省エネの電化製品に買い換える

もし、調子の悪い電化製品があるのであれば、消費増税前に買い換えるのも手です。

というのは、新しい電化製品は「エコ」が当たり前なので、物によってはかなりの電気代節約に繋がる場合があります。

 

しかし、200vのエアコンが100vのエアコンより電気代が安いと勘違いしている方がいますが、200vのエアコンの方が電線への負担が減るだけで、消費電力が変わるわけではありません。

ですから、省エネのつもりで購入したのに、全然電気代節約に繋がらなかったということがないように、よく調べてから購入することをお勧めします。

 

ちょっと細かい話ですが、消費増税やインフレによって家庭への負担が増えることは間違いありませんので、無駄を無くして経済負担を少しでも軽くしましょう!

以上、MASARUでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事