水道

電気代、ガス代とくれば、次は水道代ですよね。

ということで、水道代の削減についてお話しします。

スポンサーリンク

【水道の節約方法】

水道の節約の基本は「こまめに蛇口を占める」です。

「当たり前のこと言うなよ!」という声が聞こえそうですが、水道の節約の基本中の基本です。

しかし、ついついシャワーを浴びている時や洗い物をしている時に水を流しっぱなしにする事はありませんか?

もし、「こまめに蛇口をひねって止めてます」と言うなら、同居している家族全員もそうですか?

このついつい流しっぱなしにしてしまうのを辞めただけで大幅に水道代が削減できたという例も少なくありません。

 

具体的な節約方法

① お風呂の節水

バスルーム

 

シャワーを流しっぱなしにしない(1分間の流水量は約12ℓもあります)

残り湯を有効活用する(洗濯だけでなく、庭に巻く水など)

あとは、そこまでするかと感じる方もいるかもしれませんが、シャワーを浴びる時に浴槽の中で浴びて、溜まった水を有効活用するという方法もあります。

 

② 洗濯の節水

洗濯

 

洗い物の汚れによっては「スピード洗い」にしたり、水の量を少なめにして洗濯する

お風呂の残り湯を利用する

 

③ キッチンでの節水

キッチンの洗い物

 

流水ではなく、出来るだけ溜め水洗いをする

カレーや中華料理など、洗うのに時間がかかりそうなものは、事前に汚れを拭き取っておく

 

④ トイレの節水

トイレ

 

小レバーをちゃんと使う(毎回大レバーで流さない)

タンクにペットボトルを入れて、流出時の水量を減らす

 

⑤ 洗面所の節水

洗面所

 

歯磨き、洗顔などの際に洗面器などを使って、流水では行わない。

 

⑥ 節水コマや節水シャワーを利用する

ついつい流しっぱなしにしてしまう人や、自分は気をつけていても家族への徹底が難しい場合は、節水コマや節水シャワーを使うと、特に意識ぜず今まで通り使っても節水することができます。

以下、参考。

 

⑦ その他

そこまでやる人も珍しいとおもいますが、雨水を溜めて利用するなどという方法もあります。

 

ちょっと細かいですが、ちょっとした努力が節約に繋がりますので、無駄使いしている人は試してみる価値はあると思います。

以上、MASARUでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事